メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

大舞台の土、感触確かめ 横浜ナイン、甲子園練習で笑顔 /神奈川

グラウンドに駆け出す横浜の選手たち=阪神甲子園球場で、猪飼健史撮影

 <第91回センバツ>

     23日開幕の第91回選抜高校野球大会に出場する横浜が20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で練習に臨んだ。選手たちは「せいや」という掛け声とともにグラウンドに駆け出し、大舞台の土の感触を確かめた。

     この日は春の陽気で暖かくなり、半袖で参加した選手もいた。約5分間のノックを終えると、実戦形式で打撃と守備の動作を確認。球場にはバットの芯でボールを捉えた快音が響いた。ライトスタンドに打球を運んだ内海貴斗主将(2年)は「いつも以上に気持ちを入れてバットを振った。最高でした。甲子園で練習して落ち着くことができた」と笑顔を見せた。

     得意の直球に加え、2月から取り組むチェンジアップをマウンドから投げ込んだ及川雅貴投手(2年)は「器用ではないのでこれまで直球とスライダーに絞っていた。大会で使うかはこれから考えます」と話していた。【石川勝義】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト