メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

32番目の心意気

’19熊本西 センバツ 選手紹介/9止 末永駿外野手/岡田仁内野手 /熊本

 <第91回選抜高校野球>

    どんな形でも出塁を 末永駿外野手 1年、下益城城南中 167センチ、58キロ

     昨秋の公式戦打率5割2分6厘は、今春の選抜出場校の中でも屈指の高打率。熊本大会初戦の2死満塁の場面で放った走者一掃の先制適時二塁打がきっかけとなり、好調を維持してきた。公式戦で記録した5盗塁もチーム1位。今冬は出塁時のリードの取り方、スタートの切り方を念入りに確認した。甲子園での目標は出塁率5割。「四死球や内野安打でもいい。どんな形でも出塁したい」と貪欲に語る。「先輩たちの最後の春。一日でも長くプレーしたい」

    代打に備え投手分析 岡田仁内野手 1年、三和中 166センチ、74キロ

     中学時代に主将として全国大会を経験。そこで出会ったライバルたちが、自分より先に甲子園に立つ姿をテレビなどで見る度に刺激を受けてきた。走り込みや毎日100回の腹筋など、地道な筋力トレーニングを黙々とこなしてきた今冬。「甲子園で出番があるとすれば試合中盤以降の代打」と冷静に自分の役割を見据え、相手投手攻略のための分析にも取り組む。「甘い物好き」とおちゃめな一面も見せるが、同学年の野田侑選手と共に1年生のリーダー役を担う。=おわり

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

    2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

    3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

    4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

    5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです