メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

第1日 「平成最後の甲子園」始まった 市和歌山、延長制す

 <2019 第91回選抜高校野球>

     (23日・阪神甲子園球場)

     23日は1回戦3試合。第1試合は市和歌山が呉(広島)に延長十一回サヨナラ勝ちし14年ぶりの初戦突破で和歌山県勢の大会通算100勝を達成。第2試合は、準優勝した第88回大会以来の出場の高松商(香川)と、22年ぶりの初戦突破を目指す春日部共栄(埼玉)が顔を合わせる。第3試合は、準優勝した前々回大会以来の出場の履正社(大阪)と3季連続甲子園出場の星稜(石川)がぶつかる。

     ▽第1試合=1回戦

    呉(広島)

      00000010100=2

      10001000001=3

    市和歌山(和歌山)

     呉は右腕・沼田仁、市和歌山は左腕・岩本が先発。

     市和歌山は一回、山野、下井田の連続長短打で無死一、三塁とし、緒方の三ゴロ併殺打の間に1点先取。五回には1死一、二塁から緒方の左前適時打で1点を加えた。

     呉は七回2死二塁、チーム初安打となる池田の右前適時打で1点を返し、九回には1死三塁から真田の捕前スクイズ(記録は犠打野選)で追いついた。

     市和歌山は延長十一回2死二塁から片上の中前適時打でサヨナラ勝ちした。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト