メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

きょうの見どころ 第1日

 <2019 第91回センバツ高校野球>

     (左が一塁側、都道府県名の左は昨秋の成績とチーム打率)

     ○…1回戦…○

     ▽第1試合(10時半)

    呉    - 市和歌山

    (広島)   (和歌山)

    中国4強   近畿8強

    ・317   ・343

     市和歌山は制球の良い左腕・岩本、本格派右腕・柏山とタイプの異なる投手を擁し、投手力で優位に立つ。呉は出場校中唯一、昨秋の公式戦で本塁打がなく、機動力と小技が持ち味。技巧派右腕・沼田仁が踏ん張り、接戦に持ち込みたい。

     ▽第2試合(13時)

    高松商  - 春日部共栄

    (香川)   (埼玉)

    四国優勝   関東準優勝

    ・325   ・313

     高松商の左腕・香川、春日部共栄の右腕・村田の投げ合いか。香川は多彩な変化球があり、村田はスプリットで三振を奪える。競った展開になれば、打線がしぶとい高松商にやや分がある。春日部共栄は4番・村田の前に走者を置きたい。

     ▽第3試合(15時半)

    履正社  - 星稜

    (大阪)   (石川)

    近畿4強   北信越優勝

    ・309   ・286

     星稜は最速150キロ右腕・奥川を擁し、課題だった打線も4番・内山を軸に上向き。総合力で履正社を上回る。履正社は8日の練習試合で左手を負傷したエース左腕・清水に不安が残るだけに、4番・井上ら強力打線が早めに援護したい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

    2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

    3. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

    4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

    5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです