メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

札幌第一VS山梨学院 両監督に聞く /北海道

握手で健闘を誓い合う札幌第一の菊池雄人監督(左)と山梨学院の吉田洸二監督=阪神甲子園球場で、土谷純一撮影

 <2019 第91回センバツ高校野球>

     第91回選抜高校野球大会に出場する札幌第一は、大会第3日の第3試合(25日午後2時開始予定)で山梨学院(山梨)と対戦する。札幌第一の菊池雄人(たけひと)監督(46)と山梨学院の吉田洸二監督(49)に、初戦に向けた意気込みなどを聞いた。【土谷純一、金子昇太】

    足を絡めてリズムを作る 吉田・山梨学院監督/貪欲に食らい付いていく 菊池・札幌第一監督

     --相手校の印象は。

     菊池監督 4番の野村健太選手(3年)を中心に、その前後の打線も力がある。

     吉田監督 打つことで試合のリズムを作っていく印象がある。

     --警戒している相手選手は。

     菊池監督 エースの相沢利俊投手(3年)は主将でもあり、チームの柱だと思う。

     吉田監督 (3番で打率5割の)大坪蓮弥選手(3年)はスイングに無駄がなく、4、5番も得点力がある。

     --自チームのキーマンは。

     菊池監督 大平裕人主将(3年)、4番の村田凜選手(同)に全体を引っ張ってほしい。

     吉田監督 誰か1人というわけではない。投手陣とともに監督の勘と運が重要。

     --選手の調子は。

     菊池監督 実戦感覚がついてきて、(練習試合でも)少しずつ野球らしくなってきている。

     吉田監督 調子の良さを維持している選手、落としている選手が半分ずついる。

     --理想の試合展開は。

     菊池監督 得点が動いていく展開に持ち込み、食らい付いていきたい。

     吉田監督 足を絡めながら攻撃にリズムを作りたい。「躍動的な展開」が理想。

     --初戦への意気込みを。

     菊池監督 (過去2回は初戦で敗れ)センバツでは悔しい思いをしてきた。勝利に貪欲でいたい。

     吉田監督 選手がリラックスしてやれるような雰囲気を作る。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

    3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

    4. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

    5. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです