メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

監督対談 石岡一・川井監督、盛岡大付・関口監督 /茨城

健闘を誓って握手する石岡一の川井政平監督(左)と盛岡大付の関口清治監督=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で、川崎健撮影

 <第91回センバツ>

     石岡一の川井政平監督(44)と盛岡大付の関口清治監督(41)に相手チームの印象や意気込みなどを聞いた。【川崎健、日向米華】

    石岡一・川井監督 のびのびとプレーを/盛岡大付・関口監督 目の前の試合に全力

     --相手チームの印象は。

     川井監督 強打のイメージ。何度も甲子園に出ており、球場の雰囲気などに慣れていると思う。

     関口監督 投手を中心とした守りのチーム。打線は犠打など小技を絡めた攻撃を仕掛けてくる印象がある。

     --警戒している相手選手は。

     川井監督 打線の軸を担う小野寺颯斗(はやと)、及川温大(あつひろ)、峰圭哉の3年生内野手。左打者でシャープな打撃をしている。

     関口監督 岩本大地投手(3年)。速球に対して空振りせず、しっかり打ち返していきたい。古屋健太郎選手(2年)ら俊足の選手も要注意だ。

     --理想の試合展開は。

     川井監督 立ち上がりの三回までを最少失点に抑えたい。

     関口監督 岩本投手を勢いづかせないこと。

     --自チームのキーマンは。

     川井監督 相手のエース・阿部秀俊投手(3年)が左腕なので、右打者の4番・飯岡大政選手(2年)や、干場聖斗(まさと)選手(同)に期待したい。

     関口監督 無駄な走者を出さず、峰選手や佐々木俊輔選手(3年)ら上位打線が初回から好機を演出できるかが鍵になるだろう。

     --意気込みを。

     川井監督 選手には緊張感をしっかり持たせつつ、のびのびと思い切ったプレーをさせたい。

     関口監督 まずは目の前の試合に全力を尽くす。勝利を積み重ねて優勝を目指したい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

    5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです