メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

頂点へ

東邦 平成最後の春に 部員紹介(2年) 練習に集中できる整備を /愛知

東邦の(左から)林泰成、志水大起、朝岡慶、両角祐哉の各選手=愛知県東郷町で、高井瞳撮影

 <第91回選抜高校野球 センバツ高校野球>

    両角祐哉遊撃手

     俊足を生かした走塁や盗塁などが武器。同じポジションの熊田任洋選手に憧れ、守備範囲の広い選手を目指して日々練習している。朝は誰よりも早くグラウンドに行き、レギュラーメンバーが練習に集中できるよう整備をしている。

    朝岡慶外野手

     「夢見ていた甲子園に先輩たちに連れて行ってもらえたので、どんな形でも力になれるように頑張る」と話す。高校入学後、投手から外野手に転向し、先輩や同級生にアドバイスを受けながら練習に励んでいる。

    志水大起一塁手

     バットコントロールの良さが持ち味。プロ野球オリックスの吉田正尚選手に憧れ「自分も思い切りの良いスイングができるようになりたい」と語る。冬の走り込みや基礎練習で課題の守備や走塁のレベルアップを図る。

    林泰成捕手

     考え抜いた配球やリードが武器だ。肩の力が弱点で、克服に向け遠投などの練習に励みレギュラー入りを狙う。野球部内では学年1番の頭の良さが自慢。【高井瞳】=随時掲載

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 情熱大陸 「全裸監督」でブレーク 女優・森田望智に完全密着 体当たり演技で注目を浴びたヒロインの素顔に迫る

    2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

    3. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

    4. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

    5. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです