メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

1回戦 履正社に拍手満開 注目カード星稜に0-3 /大阪

星稜に敗れベンチ前に整列する履正社の選手たち=阪神甲子園球場で、山田尚弘撮影

 <センバツ2019>

     第91回選抜高校野球大会第1日の23日、履正社は星稜(石川)と対戦し、0-3で敗れた。1回戦随一の好カードとして注目を集めたこの試合。初優勝を目指した選手たちは、大会屈指の好投手に立ち向かったものの、得点を奪うことができなかった。しかし、最後まで戦い抜いた選手たちに、一塁側アルプスからは大きな拍手が送られた。【池田一生、宗岡敬介、谷口豪】

    【星稜-履正社】三回裏履正社無死、野口海音主将が右前打を放つ=阪神甲子園球場で、玉城達郎撮影

     相手先発の奥川恭伸投手(3年)を前に、沈黙していた打線は三回、野口海音(みのん)主将(同)が右前にチーム初安打を放つと、アルプスはこの試合最初の盛り上がりを見せた。クラスメートの南寛史さん(同)は「普段から信頼できるヤツ。もっと打って、チームを引っ張ってくれ」と期待を膨らませた。

     初回に失点した清水大成投手(3年)は、二回以降も毎回走者を背負う苦しい展開が続いたが、中盤まで追加点を許さない。父慎哉さん(45)は「緊張しているようだが、なんとか踏ん張って投げてくれ」と祈るようにマウンドを見つめた。

     すると、バックがエースをもり立てる。六回2死二塁のピンチの場面で、大きな飛球がセンターへ。「絶対に捕ってやろうと思った」という桃谷惟吹(いぶき)選手(3年)がフェンス際の打球に飛びつきキャッチ。父徹さん(49)は「いいプレーだ。頑張っている」と目を細めた。

    八回裏2死一、二塁の好機に盛り上がる一塁側アルプススタンドの履正社の野球部員ら=阪神甲子園球場で、宗岡敬介撮影

     選手たちの諦めない姿勢に、スタンドからも「これからだ!」と声が上がった。野球部員の久保田瞬さん(同)は「まだ1点差。ずっと冬場に努力してきた。力を発揮してくれるはず」と仲間たちの終盤の活躍を信じた。

     点差を3点に広げられて迎えた九回。1死一塁から、打席には、ここまで2三振と抑えられていた小深田(こぶかた)大地選手(2年)。「どんな形でもいいから塁に出たい」と球に食らいつくと右前打となり、チャンスを広げた。この試合最大の得点チャンスに、スタンドの応援団は「頑張れーっ」と大声援を送ったが、後続が続くことができなかった。

     試合終了後、整列し一礼する選手たちには大きな拍手が送られた。東和弥教諭は「全校生徒に夢と希望を与えてくれた選手たちに感謝だ」と、選手たちをねぎらった。

    「R」で鼓舞

    人文字で校名の頭文字「R」を表現する履正社の生徒ら=阪神甲子園球場で、谷口豪撮影

     ○…一塁側アルプススタンドには、卒業生や在校生など約1500人を含む大勢の人々が応援に駆けつけた。スタンド前寄りには、青と黄色のTシャツと帽子を着用した800人を超える数の在校生らが、人文字で校名の頭文字「R」を見事に表現し、ナインを鼓舞した。サッカー部の久我幸生主将(17)は「一緒に全国を目指す仲間として、良い刺激をもらっている。全力でプレーしてほしい」とエールを送っていた。


     ■熱球

    「不調でも抑えるのが仕事」 清水大成投手(3年)

    力投する履正社の先発・清水大成投手=阪神甲子園球場で、川平愛撮影

     初回にヒットを3本浴び、先制点を許してしまった。思うように球速が上がらず、甘く入った球を強打の相手打線に捉えられた。初めての甲子園のマウンドに「緊張もあった」と唇をかみ締める。

     二回以降も調子は上がらず、毎回走者を背負った。しかし「調子が悪くても、抑えるのがエースの仕事だ」と自分に言い聞かせた。低め低めにボールをコントロールして要所を締め、8回2失点とゲームを作った。

     決して万全な状態ではなかった。大会直前の今月8日、練習試合中に利き腕の左手に打球が当たった。しばらくキャッチボールを控えていたが、15日の抽選会で星稜との対戦が決まると、ピッチングを再開し、急ピッチでこの試合に合わせてきた。

     今大会屈指の好投手を相手に、結果は完敗。試合後、ケガの影響について聞かれると「自分の実力不足です」。晴れ晴れとした表情で「力を付けて、また戻ってきたい」と誓った。【池田一生】


    星稜

      100000101=3

      000000000=0

    履正社

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト