メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

1回戦 履正社に拍手満開 監督、主将の話 /大阪

 <センバツ2019>

    良い経験をした 履正社・岡田龍生監督

     良い経験をさせてもらった。星稜の奥川恭伸投手の投球に振り負けてはいなかったが、速球に対応できず、球を捉えることができなかった。これから夏に向けて、次に対戦した時に違う結果を出すために、練習に取り組んでいきたい。

    チーム作り直す 履正社・野口海音主将

     相手投手のボールは速くて切れもあり、ボール球を振ってしまっていた。今まで対戦した中で1番いい投手だった。この敗戦を生かし、夏に向けてもう一度チームを作り直していきたい。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト