メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

きょうの見どころ 第2日

 <2019 第91回センバツ高校野球>

     (左が一塁側、都道府県名の左は昨秋の成績とチーム打率)

     ○…1回戦…○

     ▽第1試合(9時)

    日章学園 - 習志野

    (宮崎)   (千葉)

    九州4強   関東4強

    ・321   ・298

     ともに継投主体のチーム。習志野は2年生左腕・山内から安定感抜群の最速145キロ右腕・飯塚につなぐのが必勝パターン。日章学園はリードを許して飯塚につながれると苦しいだけに、深草や森永らの上位打線で早めに得点したい。

     ▽第2試合(11時半)

    明豊    - 横浜

    (大分)    (神奈川)

    九州準優勝   関東8強

    ・375    ・355

     横浜の投手陣と明豊の強力打線の対決だ。横浜の左腕・及川は最速153キロの直球とスライダーが武器。明豊は中軸の布施や野辺らは速球に力負けしないが、ボール球を見極められるか。横浜が序盤にリードすれば、ワンサイドの展開もある。

     ▽第3試合(14時)

    米子東   - 札幌大谷

    (鳥取)    (北海道)

    中国準優勝   北海道優勝

    ・242    ・358

     投手力に勝る札幌大谷が優位。本格派右腕・西原、右横手・太田と2人を擁する。米子東打線は力強いスイングをするが、粗さがあり、内外角に投げ分ける太田には苦戦しそうだ。先発予想の西原から先制し、主導権を握れるかが鍵になる。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

    2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

    3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

    4. 関電金品受領問題 後任社長人事にも影響 調査次第で「候補者全滅」も

    5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです