メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「力を出し切る」「前向きなプレーを」 米子東、札幌大谷両監督に聞く

健闘を誓って握手を交わす米子東の紙本庸由監督(右)と札幌大谷の船尾隆広監督=阪神甲子園球場で、土谷純一撮影

 第91回選抜高校野球大会に出場する米子東は、第2日の第3試合(24日午後2時開始予定)で札幌大谷(北海道)と対戦する。米子東の紙本庸由(のぶゆき)監督(37)と札幌大谷の船尾隆広監督(47)に、互いのチームの印象や意気込みなどを聞いた。【園部仁史、土谷純一】

 ―相手校の印象は。

 紙本監督 (昨秋の)明治神宮大会で日本一となり、投打に力がある。元気もあり、とてもまとまっている。

 船尾監督 (選手)16人という人数でかなり団結力があり、予選を見ても接戦を勝ち抜いてきたチームだ。

 ――警戒している相手選手は。

 紙本監督 太田流星(3年)と西原健太(同)の両投手は力がある。

 船尾監督 粘り強い打線という印象で、4番・福島悠高選手(3年)は特に警戒している。

 ――自チームのキーマンは。

 紙本監督 期待も込めて、打線で5番以降の選手たちを挙げたい。

 船尾監督 中軸を打つ石鳥亮選手(3年)には頑張ってほしい。

 ――選手の調子は。

 紙本監督 徐々に上がっている。20日にあった最後の練習試合でも完封勝利した。

 船尾監督 (春になって)土の上で練習し始め少し疲れもあったが、今は良い動きができている。

 ――初戦への意気込みを。

 紙本監督 場所や環境や相手が変わっても、自分たちのできることが増えたり減ったりするわけではない。「力を出し切れたぞ」というゲームをしたい。

 船尾監督 大会が近づくにつれ、選手の気持ちも高まっている。私も含めて全員で必死に戦いたい。元気いっぱいで、前向きなプレーを見せたい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです