メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツナビでもっと見る

明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

【明豊-横浜】力投する横浜の先発・及川=阪神甲子園球場で2019年3月24日、山田尚弘撮影

第91回選抜高校野球 明豊-横浜(24日・甲子園)

 横浜は一回、死球と安打で1死一、三塁と好機を作り、吉原の中前打で先制。さらに、及川の左前適時打などで3点を先取した。二回にも、先頭打者の山口が安打と犠打で二塁へ進むと、内海の中前適時打で還り1点を追加した。

 明豊は三回、連続四球で無死一、二塁の好機をつかむと、表が適時打を放ち反撃を開始。計4安打を集めて横浜の先発・及川を攻略し、一挙5点を奪って逆転した。及川は2回3分の2で降板し、右翼の守備についた。

毎日新聞のアカウント

4月3日の試合

話題の記事

関連サイト