メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明豊が四回に4点を追加 横浜とのリード広げる

【明豊-横浜】三回表明豊無死一、二塁、表が左前適時打を放つ(捕手・山口)=阪神甲子園球場で2019年3月24日、玉城達郎撮影

第91回選抜高校野球 明豊-横浜(24日・甲子園)

 横浜は一回、死球と安打で1死一、三塁と好機を作り、吉原の中前打で先制。さらに、及川の左前適時打などで3点を先取した。二回にも、先頭打者の山口が安打と犠打で二塁へ進むと、内海の中前適時打で還り1点を追加した。

 明豊は三回、連続四球で無死一、二塁の好機をつかむと、表が適時打を放ち反撃を開始。計4安打を集めて横浜の先発・及川を攻略し、一挙5点を奪って逆転した。及川は2回3分の2で降板し、右翼の守備についた。

 続く四回には、横浜の2番手・松本を攻めて2死満塁の好機をつかむと、相手守備の乱れの間に1点、さらに藪田が右翼への適時三塁打を放ち、さらに3点を追加。リードを5点に広げた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 秋元衆院議員、元秘書周辺を捜索 任意で事情聴く 東京地検

  5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです