メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜・吉原が大会1号のソロ 明豊との差は5点に

【明豊-横浜】七回裏横浜無死、吉原が右越え本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年3月24日、玉城達郎撮影

第91回選抜高校野球 明豊-横浜(24日・甲子園)

 横浜は一回、死球と安打で1死一、三塁と好機を作り、吉原の中前打で先制。さらに、及川の左前適時打などで3点を先取した。二回にも、先頭打者の山口が安打と犠打で二塁へ進むと、内海の中前適時打で還り1点を追加した。

 明豊は三回、連続四球で無死一、二塁の好機をつかむと、表が適時打を放ち反撃を開始。計4安打を集めて横浜の先発・及川を攻略し、一挙5点を奪って逆転した。及川は2回3分の2で降板し、右翼の守備についた。

 続く四回には、横浜の2番手・松本を攻めて2死満塁の好機をつかむと、相手守備の乱れの間に1点。さらに藪田が右翼への適時三塁打を放ち、さらに3点を追加。五回にも1点を加えた。リードを広げた。

 横浜は七回に4番・吉原が右翼席に今大会1号となるソロ本塁打を放ち1点を返した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤田菜七子騎手が中央重賞初制覇 女性騎手初

  2. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  3. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです