メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

監督対談 国士舘と明石商、あす初戦 /東京

握手で健闘を誓い合う国士舘の永田昌弘監督(左)と明石商の狭間善徳監督=阪神甲子園球場で、川村咲平撮影

 <2019 第91回センバツ高校野球>

    投手がキーマン 永田監督/先制点取りたい 狭間監督

     第91回選抜高校野球大会に出場する国士舘は、大会第5日の第1試合(27日午前9時開始予定)で明石商(兵庫)と対戦する。国士舘の永田昌弘監督(61)と明石商の狭間善徳監督(54)に、初戦に向けた意気込みなどを聞いた。【川村咲平、黒詰拓也】

     --相手チームの印象は。

     永田監督 投手力が高く、非常にバランスが取れたチーム。レベルの高い近畿大会を勝ち上がり、実力は相手が上だ。選手には「勝とうと思わず、自分の力を出し切って戦おう」と話している。

     狭間監督 昨秋の東京大会で優勝し、全体的に力がある。機動力をしっかり意識したい。継投しながら失点を抑えており、監督の手腕もある。

     --初戦に向けた準備は。

     永田監督 冬場は打撃に取り組んできた。一つ一つのボールを、迷いなく思い切り振れるようにしたい。

     狭間監督 基本的にはこれまでと変わらない練習をしてきた。相手を知り、戦い方を考えている。

     --チーム状態は。

     永田監督 3月上旬の沖縄遠征は4日間で7試合をこなした。(関西入り後は)初戦まで時間があり、あまり追い込んでいない。疲労は取れるだろう。

     狭間監督 良くも悪くもない。いつものことだが、なかなか納得できる状態にはならない。

     --自チームのキーマンと警戒する相手選手は。

     永田監督 投手がポイントで、こちらはエースの白須仁久投手(3年)次第だ。明石商の1番打者・来田涼斗選手(2年)は俊足で、出塁させないようにしたい。

     狭間監督 相手の継投にうまく対応できるかだ。自チームも鍵は投手で、5人いるうち誰が登板しても辛抱強く投げられるようにしたい。

     --理想の試合展開は。

     永田監督 先行逃げ切り。投手が最少失点に抑えてくれないと試合にならない。欲を言えば3点くらいのロースコアが望ましい。

     狭間監督 やはり先制点を取ること。うちは昨秋から粘り強く戦ってきた。センバツも同じように戦う。

     --試合に向けての意気込みを。

     永田監督 10年ぶりの出場で、初めてと同じ。選手は甲子園練習でも緊張していたので平常心に持っていきたい。恥ずかしい試合はしたくない。

     狭間監督 監督になって12年を迎える。負け続けていた時から支えてくれた人のために、堂々と戦いたい。勝ち負けも大事だが、最大限の力を出して恩返しできれば。

    〔都内版〕

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト