メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツナビでもっと見る
第91回選抜高校野球

2回戦向けノリノリ 市和歌選手ら練習に汗 /和歌山

練習に取り組む市和歌山の選手たち=兵庫県伊丹市で、砂押健太撮影

 <センバツ2019>

     第91回選抜高校野球大会で呉(広島)との開幕試合に勝利した市和歌山は24日の休養日を挟み、25日に練習を再開した。

     選手たちは兵庫県伊丹市のグラウンドで走塁やフィールディングなど約2時間汗を流した。打撃練習では南方拓磨コーチから「打球の質をあげよう」とアドバイスがあり、ヒット性の当たりが出ると、選手たちから「いいね。乗ってるね」などの声が上がった。岩本真之介投手(2年)ら投手陣は遠投など軽めの調整をした。岩本投手は「肩も張っていて全身筋肉痛だったが、今日は体は重くなかった。1試合経験し、次はリラックスして臨めそうだ」と話した。

     チームは大会第6日第2試合(28日午前11時半開始予定)で高松商(香川)との2回戦に臨む。【砂押健太】

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト