メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

監督対談 大分と松山聖陵、あす初戦 /大分

握手を交わし、健闘を誓う松山聖陵の中本恭平監督(左)と大分の松尾篤監督=阪神甲子園球場で、田畠広景撮影

 <センバツ甲子園>

    大分 松尾篤監督 打撃戦に持ち込み粘る

    松山聖陵 中本恭平監督 先に点取り展開を楽に

     第91回選抜高校野球大会に出場している大分は、第5日第2試合(27日午前11時半開始予定)で松山聖陵(愛媛)と対戦する。大分の松尾篤監督(45)と松山聖陵の中本恭平監督(30)に互いのチームの印象や意気込みを聞いた。【田畠広景、遠藤龍】

     --チームの状態は。

     松尾監督 選手はこちらの生活にも慣れ、打撃の質が上がってきた。投手も順調に仕上がっていると思う。状態は良い。

     中本監督 私自身も甲子園での采配は初めてで、全国でどれくらい通用するか不安はあるが、チームの調子は悪くない。

     --相手チームの印象は。

     松尾監督 188センチのエース根本大蓮主将(3年)らに注目している。私たちは打撃中心でやってきた。打たれたら打ち返し、何とか粘りたい。

     中本監督 エースの長尾凌我選手(3年)は球速130キロほどだが、打者が苦戦している。打撃よりは投手をどう打ち崩せるかという印象だ。

     --自チームで鍵となる選手は。

     松尾監督 長尾投手がいかに相手を抑えるか。打線では1番・足立駿(すぐる)主将(3年)や、調子を上げている飯塚和茂選手(同)にも期待している。

     中本監督 1、2番がどれだけ出塁してくれるか。ためた走者を上位が返し、ビッグイニングを作るのが一番望ましい。

     --理想の試合展開は。

     松尾監督 打撃戦に持ち込んで、11対10くらいの試合になれば。死球後の失策といった連鎖をなくさないと大量失点につながる。粘って試合をしたい。

     中本監督 先に点を取られるとばたばたしてしまう。先に取れればある程度楽な展開には持っていけると思う。

     --初戦への意気込みを。

     松尾監督 一戦必勝、一球入魂。魂のこもった試合ができればなと思う。

     中本監督 甲子園でプレーできるので、選手には思い切ってやってほしい。その結果が勝利につながってくれたら。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    関連サイト