メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

きょうの見どころ 第4日

 <2019 第91回センバツ高校野球>

     (左が一塁側、都道府県名の下は昨秋の成績とチーム打率)

     ○…1回戦…○

     ▽第1試合(9時)

    筑陽学園-福知山成美

    (福岡) (京都)

    九州優勝 近畿8強

    ・317 ・327

     筑陽学園が投手層の厚さで上回る。技巧派の西、切れのあるスライダーが武器の西舘の両右腕と左腕・菅井の継投で試合を作る。打線は4番で主将の江原が大黒柱。福知山成美は制球力の高い右腕・小橋が粘って接戦に持ち込みたい。

     ▽第2試合(11時半)

    広陵   - 八戸学院光星

    (広島)   (青森)

    中国優勝   東北優勝

    ・338   ・357

     八戸学院光星打線が広陵投手陣に挑む。広陵のエース右腕・河野は最速148キロ。石原、森の両左腕も控え、継投のタイミングが鍵となる。八戸学院光星は共に昨秋の打率4割5分超の3番・武岡、4番・近藤の前に走者をためられるか。

     ▽第3試合(14時)

    富岡西  - 東邦

    (徳島)   (愛知)

    四国4強   東海優勝

    ・310   ・386

     投打に勝る東邦が優位に立つ。打線は昨秋1試合平均9・47得点で、チーム打率と共に出場校中トップ。エース右腕・石川は最速144キロで完投能力も高い。富岡西は昨秋の公式戦を1人で投げ抜いた右腕・浮橋の踏ん張りに期待がかかる。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

    2. コトバ解説 「アシカ」と「オットセイ」と「アザラシ」の違い

    3. 社説 NHK会長交代 政権との距離保つべきだ

    4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

    5. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです