メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スコアブック

第91回選抜高校野球 学生コーチ、古豪に新風

 <センバツ高校野球>

     左腕・野沢が11回を投げ抜き、初戦を突破した龍谷大平安。エースを含めた投手陣を陰で支えているのが昨秋に新設した高校生の「学生コーチ」だ。

     原田監督が1993年に監督就任以降初めての試み。センバツ最多の41回目の出場を誇る名門だが、過去には他の選手とコミュニケーションを取らず、練習にも意欲的に取り組まず、チーム内で孤立する選手がいたという。原田監督は「同じ目的、目標を持ってやってほしい」と考え、選手と監督や選手同士の間に入る「学生コーチ」を導入した。

     チームの一体感作りが目的の一つだが、サポート役として大きく貢献している。投手を専門に見るのが大月塁斗(3年)。走り込みでのタイムの計測やトレーニングメニューの発案、19人いる投手陣のブルペンや打撃投手での球数をノートに記入して管理する。打撃投手で投げ過ぎた翌日は球数を抑える工夫もしている。背番号「10」の左腕・豊田は「球数は自分でも把握しているが、ダブルチェックができるので助かる」と感謝する。

     高校野球で球数制限が話題になっている昨今、高校球児が主体的に肩や肘のケアを考えることは障害予防において重要だ。このような取り組みが広がっていけばと思う。【安田光高】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

    2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

    3. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

    4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

    5. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです