メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

明石商、気合十分 きょう第1試合、国士舘と対戦 /兵庫

初戦を翌日に控え、ティー打撃で鋭いスイングを繰り返す明石商ナイン=兵庫県明石市の同校で、黒詰拓也撮影

 <センバツ2019>

     第91回選抜高校野球大会の第5日(27日)に国士舘(東京)との初戦を迎える明石商は26日、明石市魚住町長坂寺の学校グラウンドで最終調整をした。ナインは気合十分の表情で走攻守の動きを確認し、必勝を誓った。

     まずはティー打撃とフリー打撃でバットを振り込んだ。狭間善徳監督が一人一人のフォームを細かくチェックする中、選手たちはしっかりと球を見極めながら、広角に強い打球を飛ばした。

     ノックでは、内外野とも足を動かして打球の正面に入り、併殺や中継でもミスが出ないよう声を掛け合った。練習後のミーティングで狭間監督が「肉体的にも精神的にも準備はしてきた。自信を持って思い切り戦おう」とナインを鼓舞した。

     重宮涼主将(3年)は「攻守ともやるべきことはやった。粘り強く戦い、勝利につなげる」と意気込んだ。

     27日の試合は午前9時開始予定で、明石商は一塁側ベンチに入る。【黒詰拓也】

    〔神戸版〕

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト