メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

きょう対戦、大分が軽めの調整 リズムに乗って勝利へ /大分

リズムに合わせて手足を動かしながら跳ねて前進する大分ナイン=兵庫県西宮市で、田畠広景撮影

 <センバツ甲子園>

     第91回選抜高校野球大会(毎日新聞社など主催)出場の大分は27日、松山聖陵(愛媛)と激突する。選手たちは26日、兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海野球場でノックを受けたり、打撃練習をしたりして軽めの調整。「動きのテンポをあげるため」(広瀬茂部長)、8ビートを刻んで汗をかく運動も繰り返しており、リズムに乗って勝利を目指す。試合開始は午前11時半予定。

     大分は、練習場所と時間が決まっている甲子園で狭い場所でもすぐに運動できるよう、幅十数センチの細長いゴム製の板を使った練習を導入している。選手たちは、この日も8ビートの音楽に合わせ、真ん中の板を踏まないよう、ジャンプして足をクロスさせたり、肩を回したりするなどしながら前進。テンポよい動きで汗を流した。8ビートの練習は「打撃や守備のタイミングを取りやすくなる」(安藤陽斗選手=3年)効果があるという。

     足立駿主将(3年)は「チームは良い雰囲気。打線はつないで、守備は良いリズムで勝利を目指す」。エースの長尾凌我投手(同)は「最高の状態で投げられそう。打たせて取る自分の投球をする」と気合を入れていた。【田畠広景】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

    2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

    3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

    4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

    5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです