メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

筑陽学園3-2福知山成美 筑陽学園の春、開花

 <2019 第91回センバツ高校野球>

    第4日(26日・阪神甲子園球場)

    【福知山成美ー筑陽学園】完投した筑陽学園の先発・西=徳野仁子撮影

     筑陽学園が接戦を制した。1点を追う四回に福島の左前適時打で追いつき、七回は四球と暴投で2死二塁とし、野田の中越え適時二塁打で勝ち越した。先発・西は制球が良くて無四球、要所を締めて2失点で完投。福知山成美は四回に神内の中前2点打で逆転するも後が続かず、3失点でまとめた先発・小橋を援護できなかった。

    右腕95球完投

     わずか95球、無四球での完投。筑陽学園の右腕・西は「甲子園で1勝できて、自分もチームも自信が持てた」と笑顔がはじけた。

     序盤から制球がよく、右打者へのスライダー、左打者へのツーシームが有効だった。四回こそ上半身に力が入って2点を失ったものの、捕手・進藤の「力まず、いつも通り投げろ」とのアドバイスを受け、リラックスしたフォームに修正した。五回以降は先頭打者を塁に出さず、危なげなかった。進藤は「どの球種もコントロールがいいし、内角も逆球にならなかった」と背番号「1」をたたえた。

     昨秋の公式戦で注目されたのは、140キロ超の本格派で防御率0点台だった背番号「10」の西舘。西にはエースナンバーを奪われる危機感が増した。だから、この冬は成長しようと、ライバルの西舘からツーシームの握りを教わって習得した。

     公式戦でツーシームを投げるのはこの日が初めてだったが、投球の幅が広がり、左打者が4人並ぶ福知山成美打線にも効いた。

     西舘へ継投する江口監督のプランも安定感で覆した。「全部行ってやろうという気持ちで投げた」と西。成長したエースがチームに記念すべき甲子園初勝利をもたらし、次は初戦24得点の山梨学院に挑む。【新井隆一】

    得た自信 大当たりな5番

    七回裏筑陽学園2死二塁、野田(奥)に適時二塁打を許し、打球の行方を追う福知山成美の先発・小橋=山田尚弘撮影

     ○…筑陽学園の5番・野田が勝ち越し打を含む3安打と大当たりだった。二回にチーム初安打の左前打を放って先制のホームを踏むと、三回は中前打。同点の七回2死二塁では「甘いボールを狙っていた」と、真ん中に入った直球を捉えて、中越え二塁打とした。昨秋の明治神宮大会は2試合で無安打に終わった。冬場にすり足打法を変えた。左足を上げて打つようにしてタイミングが取りやすくなり「自信がついた」と喜んだ。

    残った悔い 171センチ出直し誓う

     ○…福知山成美のエース小橋は143球の粘投も実らなかった。悔いたのは四球。同点の七回2死から4番・江原に対し、フルカウントから「空振りを狙った」外角低めのスライダーがわずかに外れた。さらに暴投で二進を許し、野田に決勝の二塁打を浴びた。昨秋の公式戦は65回を投げて与四死球8と制球力が持ち味。だがこの日は低めの変化球を見極められて計5四球。171センチの右腕は「体力も制球力も足りない」と出直しを誓った。


     ○…1回戦…○

     ▽午前9時3分開始(観衆1万8000人)

    福知山成美(京都)

      000200000=2

      01010010×=3

    筑陽学園(福岡)

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト