メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

友情の36曲、東邦勝利後押し 大阪桐蔭吹奏楽部が応援

東邦のアルプス席。大阪桐蔭吹奏楽部と東邦応援団がエールを送った=阪神甲子園球場で2019年3月26日、高井瞳撮影

 <2019 第91回センバツ高校野球>

 26日の第3試合で勝利した東邦(愛知)を力強い演奏で後押ししたのは、大阪桐蔭の吹奏楽部だった。東邦のマーチングバンド部が海外遠征で甲子園に行けず、友情応援を引き受けた。平成最初の第61回センバツを制した東邦が前回覇者のサポートを受け、「平成最後の優勝」を目指す。

 東邦のマーチングバンド部は、楽器を左右に振るダイナミックな動きを交えた演奏で球場を盛り上げる。しかし、今春は2年前から決まっていた米国遠征と重なり、応援を断念。そこで、同部顧問の白谷峰人さん(43)が知人を介して大阪桐蔭吹奏楽部監督の梅田隆司さん(67)に連絡を取り、支援を求めた。

 梅田さんは野球部の西谷浩一監督(49)らと相談。両校野球部は練習試合などで交流があり、協力を決めた。大阪桐蔭の吹奏楽部は、昨年の全国大会で最優秀賞に輝くなど野球部と同様に名門で知られる。

 この日、三塁側アルプスでは大阪桐蔭の120人の吹奏楽部員が、東邦のテーマ曲「戦闘開始」をはじめ36曲を演奏。東邦の動きのある演奏を再現したほか、大阪桐蔭を今春卒業し、プロ野球・中日で活躍が期待される根尾昂選手の高校時代の応援曲などサプライズも盛り込み、スタンドを沸かせた。

 大阪桐蔭は昨夏に史上初の2回目の春夏甲子園連覇を達成したが、今大会は出場がかなわなかった。吹奏楽部の井上里菜部長(3年)は「自校の応援をしたかったという思いもあったが、東邦の生徒と交流して力になりたいと思った」と話す。

 七回に適時打を放った東邦の石川昂弥(たかや)主将(3年)は試合後、「テレビで見ていた応援曲が自分たちのために演奏され、うれしかった。応援がなければ今日の一勝はなかったと思う」と感謝した。【高井瞳】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです