メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

啓新と桐蔭、1点差で最終回へ

【啓新-桐蔭学園】啓新の先発・安積=阪神甲子園球場で2019年3月27日、徳野仁子撮影

第91回選抜高校野球 啓新-桐蔭学園(27日・甲子園)

【啓新-桐蔭学園】桐蔭学園の先発・伊礼=阪神甲子園球場で2019年3月27日、徳野仁子撮影

 先発は啓新が安積、桐蔭学園が伊礼。

 春・夏を通じて初の甲子園の啓新は、一回、3番穴水、4番竹原が連続適時打を放って、昨秋の関東大会優勝の桐蔭学園から2点を先制した。

 啓新は二回にも安積の適時打で1点を追加した。しかし、その裏、桐蔭学園は清水と山本の適時内野安打で2点を返した。

 三回以降は両投手が持ち味を生かした投手戦となった。啓新は六回、古川の適時打で差を2点に広げたが、桐蔭学園は七回に森の適時内野安打で再び1点差とした。

 試合は八回まで終えて、4-3で啓新が桐蔭学園をリードしている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト