メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明石商トップバッター来田 3打点にも自己評価は厳しく

【国士舘-明石商】二回裏明石商2死満塁、来田が右前2点適時打を放ち拳を固める=阪神甲子園球場で2019年3月27日、山田尚弘撮影

 ○明石商7―1国士舘●(27日・甲子園)

 明石商のトップバッター来田が計3打点をたたき出した。二回に試合の流れを引き寄せる右前2点打を放つと、八回は右犠飛でチーム6点目をもたらした。一回の第1打席は内角直球に詰まって三邪飛に倒れただけに「走者を還すことだけ」とコンパクトな振りを心掛けた。2四球も選んだが自己評価は「50点」。昨夏の甲子園を経験している、フルスイングが持ち味の2年生は「次は1打席目からチームに勢いをつけたい」と誓った。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 新型肺炎、緊急事態か協議 WHO委員会始まる

  4. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです