メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分・長尾が完投勝ち 松山聖陵好機で決定打欠く

 ○大分4-1松山聖陵●(27日・甲子園)

 大分は一回、中尾の右中間への適時二塁打で2点を先行した。1点差に迫られた直後の八回は安藤の右前適時打で2点を追加した。先発・長尾は七回を除く毎回、走者を背負いながらも、コースを丁寧に突いて1失点で完投した。松山聖陵は八回に折田からの3連打で1点を返したものの、再三の好機で決定打を欠いた。

 大分・松尾篤監督 (甲子園初勝利に)選手たちが一歩踏み出した。先制したのがよかった。(八回に1失点も)長尾が抑えてくれると思っていた。

 松山聖陵・中本恭平監督 監督の責任。安打がなかなか点に結びつかなかった。外角に逃げるチェンジアップ気味の球にタイミングをずらされた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

関連サイト