メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

啓新の先発・安積 投手強襲打で目が覚めた?

【啓新-桐蔭学園】啓新の先発・安積=阪神甲子園球場で2019年3月27日、徳野仁子撮影

 ○啓新5-3桐蔭学園●(27日・甲子園)

 啓新の右腕・安積の目が覚めたのは2点リードの二回2死満塁。桐蔭学園の2番・山本の投手強襲の打球がグラブに当たって帽子のつばをかすめた。ヒヤリとさせられる適時内野安打だったが「それまで浮足立っていたが、やってやろうとなった」。後続を断つと、中盤からは直球狙いの相手打線にカーブを使い、打ち気をそらした。七回の投球練習中に右太もも裏の違和感を覚え、この回限りで降板も「試合は作れた」と納得した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです