メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

21世紀枠・熊本西が先制 併殺の間に智弁和歌山から1点

【智弁和歌山-熊本西】二回裏熊本西無死一、三塁、浦田の内野ゴロが併殺となる間に堺が生還(捕手・東妻)=阪神甲子園球場で2019年3月28日、幾島健太郎撮影

第91回選抜高校野球 智弁和歌山-熊本西(28日・甲子園)

 智弁和歌山は池田陽、熊本西は霜上が先発。

 熊本西は二回、4番・堺、5番・霜上の連打で無死一、三塁の好機をつかむと、浦田の併殺打の間に三塁走者が生還し、先制点を挙げた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  2. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  3. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. くらしナビ・ライフスタイル 年賀状 やめる?変える?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです