メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本西が1点返す 浦田、末永が連打

【智弁和歌山-熊本西】五回裏熊本西1死二、三塁、久連松の内野ゴロで浦田が生還=阪神甲子園球場で2019年3月28日、幾島健太郎撮影

第91回選抜高校野球 智弁和歌山-熊本西(28日・甲子園)

 熊本西は二回、4番・堺、5番・霜上の連打で無死一、三塁の好機をつかむと、浦田の併殺打の間に三塁から堺が生還し、先制点を挙げた。

【智弁和歌山-熊本西】熊本西の先発・霜上=阪神甲子園球場で2019年3月28日、山崎一輝撮影

 智弁和歌山は三回、綾原が四球で出塁すると、細川からの4連打などで4点を奪い、一気に逆転した。続く四回には、4番・東妻が大会第6号となる3ランを左翼席に運ぶなど打者11人、7安打の猛攻で7点を加えた。

 熊本西は五回、浦田、末永の連打などで1死二、三塁とし、久連松の遊ゴロの間に1人が還り1点を返した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです