メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市和歌山・柏山「悪いなりにまとめられた」 先発投手の役割果たす

【高松商-市和歌山】市和歌山の先発・柏山=阪神甲子園球場で2019年3月28日、山崎一輝撮影

第91回選抜高校野球・2回戦

 ○市和歌山6-2高松商●(28日・甲子園)

 背番号9の市和歌山・柏山が先発投手の役割を果たした。五回に連打を浴びて無死一、二塁のピンチを招いたが、最も自信のある直球で高松商の香川を右飛に打ち取り、後続も断った。

 昨夏はエースナンバーを背負ったが、制球難で昨秋の近畿大会は登板機会なし。今冬は下半身強化に努めてきた。この日は六回途中2失点で降板。背番号1の岩本にマウンドを譲ったが、「悪いなりにしっかりとまとめられた」と収穫を口にした。

毎日新聞のアカウント

4月3日の試合

話題の記事

関連サイト