メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

2回戦 高松商「夏へ」前向く 監督、主将の話 /香川

 <センバツ2019>

    価値ある負けに 高松商・長尾健司監督

     二回に3点リードされてから、攻守のリズムが乱れてしまった。監督として継投の機会を見誤り、打撃でもボールに手を出すなどミスが目立った。夏につなげるためにも価値ある負けにしたい。

    打者対応力課題 高松商・飛倉爽汰主将

     初回に本塁打で点を挙げられ、相手ペースに引きずられてしまった。だが、香川投手は相手を抑えられるようになり、課題は打者の対応力。(凡打しても)次打席につながるよう徹底したい。

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト