メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

智弁和歌山13-2熊本西 王国、花盛り 智弁和歌山、輝く打

 <2019 第91回センバツ高校野球>

    第6日(28日・阪神甲子園球場)

     智弁和歌山が18安打で大勝した。三回に西川、黒川、東妻の3連続適時打と敵失で4点を奪って逆転し、四回は東妻の左越え3ランなど打者11人を送る攻撃で7点を加えた。熊本西は二回に浦田の遊ゴロ併殺打の間に1点を先取したが、四~七回は先頭打者を出すも五回の1点止まり。先発・霜上の制球も甘かった。

    初陣監督へ贈る3ラン 智弁和歌山3年・東妻(あづま)純平捕手

    【智弁和歌山ー熊本西】四回表智弁和歌山2死一、三塁、東妻が左越え3点本塁打を放つ=山崎一輝撮影

     とどめの一撃だった。5点リードの四回2死一、三塁。熊本西のエース右腕・霜上が投じた真ん中付近の直球を思い切り振り抜き、左翼席に運んだ。「最高でした」と満足顔だ。

     「変化球に(ヤマを)張っていたが、反応で打てた」と振り返る。打線は1巡目は無安打に終わったが、2巡目から霜上を攻略して18安打で13得点。「強打の智弁」の対応力と地力の高さを象徴する3ランだった。

     OBでドラフト2位でロッテに今春入団した勇輔投手を兄に持ち、自身は昨秋の公式戦でも2本塁打を放った強打者。さらに、捕手として遠投125メートルの強肩を誇り、前回も正捕手としてチームの準優勝に貢献した。

     この日は打者として2安打4打点、捕手としてタイプの違う4投手をリードし、2失点で切り抜けた。だが、「まだまだ凡打も多いし、(投手陣は)いらないところでの四球も多いのでなくしたい」と大勝にも浮かれた様子はない。初陣の中谷監督に甲子園初勝利をプレゼントしたが、目指すのはさらに上だ。【新井隆一】

    熊本西 悔やむ三回

    【智弁和歌山ー熊本西】打球の行方を追う熊本西の先発・霜上=玉城達郎撮影

     味方が先にスコアボードに得点を刻んでくれた。だからこそ、熊本西の先発右腕・霜上は集中して、ギアをもう一段上げていこうと思った。だが、相手打線が上手だった。

     1点リードの三回。1死一塁で智弁和歌山の1番・細川に2球目の外角低めのチェンジアップを拾われた。二回まではうまくタイミングを外せていた変化球を見極められ、4連打と自身のけん制悪送球などで4点を失った。

     「2巡目に入ってから完璧に合わせられて、決め球も簡単に打たれた」と霜上。2回を無安打に抑えていただけに「何か油断があったのかもしれない」と悔やんだ。

     部員は全員地元の中学出身で、清掃活動などの地域貢献が評価されて、今大会、熊本勢で初めて21世紀枠として出場を果たした。1985年夏以来2度目の甲子園で選手たちは11点差を付けられても、最後まで笑顔でのびのびとプレーした。横手監督は「ここまで来た過程を大事にしたい。最高の2時間21分でした」とねぎらった。【長田舞子】


     ○…1回戦…○

     △午前9時2分開始(観衆3万人)

    智弁和歌山(和歌山)

      004702000=13

      010010000=2

    熊本西(熊本)

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト