メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

切れるスライダー、伸びる直球 171センチ明豊2年生エースが躍動

【札幌大谷-明豊】先発した明豊の若杉晟汰投手=阪神甲子園球場で2019年3月29日、山田尚弘撮影

第91回選抜高校野球2回戦 ○明豊2-1札幌大谷●(29日・甲子園)

 力のない飛球が右翼手のグラブに収まった。明豊の左腕・若杉が投じた高めの直球130キロに、札幌大谷の5番・西原は力負けした。

 互いに無得点の四回1死満塁。右打席にバッテリーが「警戒していた」西原を迎えた。内角に切れ込むスライダーと直球を交互に続ける。カウント2―1から「思い切り腕を振るだけ」と直球で右飛に仕留めた。「球速以上の伸びを感じた」と西原。次打者も打ち取って危機を脱した。

 若杉の直球は130キロ台前半が大半。それでも効果的だったのは二つの理由がある。一つ目は直球と同じ腕の振りで繰り出すスライダーの切れが抜群だったこと。序盤の3三振は全て右打者から内角のスライダーで奪った。四回はそのスライダーを狙われてピンチを招いたが、西原にはスライダーの残像を利用して詰まらせた。もう一つは3回4失点で降板した1回戦・横浜(神奈川)戦の反省を生かしたことだ。「上体が突っ込んでいた」と分析し、軸足に体重を残すことを意識して直球の伸びを取り戻した。

 明豊は横浜の速球派左腕・及川を打ち崩した強打が看板だが、この日は最少失点で接戦を制した。川崎監督が「(チームの)段階が一つ上がった」と喜んだのに対し、7回1失点の若杉は「70点ぐらい。スタミナも細かい制球もまだまだ」と涼しい顔だ。171センチの2年生エースはチームにセンバツ初の8強入りをもたらしただけでは決して満足していない。【石川裕士】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです