メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筑陽、中村が甲子園初安打で8強入りに貢献

第91回選抜高校野球2回戦 ○筑陽学園3-2山梨学院● (29日・甲子園)

 ○…筑陽学園の2年生・中村が8強入りに貢献する甲子園初安打を放った。同点の七回2死二、三塁で直球に鋭く反応して左前適時打。バットを小指1本分余して短く持ったのは、小学6年の時に現日本文理大監督の父寿博さんから「力が抜けて、楽に打てるから」と助言されたことを思い出したからだ。今大会はそこまで7打数無安打と苦しんだが、福岡・西日本短大付の主将として1992年夏の甲子園で優勝した父との記憶に救われた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです