メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山梨学院・佐藤、高めに浮いた直球を痛打される

【筑陽学園-山梨学院】山梨学院の先発・佐藤=阪神甲子園球場で2019年3月29日、徳野仁子撮影

第91回選抜高校野球2回戦 ○筑陽学園3-2山梨学院● (29日・甲子園)

 ○…救援のマウンドに上がった山梨学院の相沢に、先発・佐藤が声を掛けた。「すまん」。七回2死二、三塁、筑陽学園の中村に左前適時打を許した直後の降板だった。一回に先制点を与えたが、その後は得意のスライダーを低めに集めて無失点投球を続けた。だが、救援の多い佐藤にとって7イニング目は「公式戦で初めて」という長さ。伯仲した展開に力も入り、高めに浮いた直球を痛打された。調子の良さを買われての先発登板。「勝負どころで決め切る力」の必要性を学んだ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです