メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

明豊2-1札幌大谷 明豊左腕、操る130キロ

【札幌大谷-明豊】明豊の先発・若杉=阪神甲子園球場で2019年3月29日、徳野仁子撮影

 <2019 第91回センバツ高校野球>

    第7日(29日・阪神甲子園球場)

     明豊が継投で逃げ切った。左腕・若杉は低めへ変化球を集めて7回1失点と粘り、右腕・大畑が球威で押して締めた。打線は四回、野辺の右中間適時三塁打で先制し、五回に若杉の中前適時打で1点を加えた。札幌大谷は四回1死満塁で無得点に終わるなど、あと一本が出ず、2失点と踏ん張った投手陣を援護できなかった。

    変化球交え7回1失点

     力のない飛球が右翼手のグラブに収まった。明豊の左腕・若杉が投じた高めの直球130キロに、札幌大谷の5番・西原は力負けした。

     互いに無得点の四回1死満塁。右打席にバッテリーが「警戒していた」西原を迎えた。内角に切れ込むスライダーと直球を交互に続ける。カウント2-1から「思い切り腕を振るだけ」と直球で右飛に仕留めた。「球速以上の伸びを感じた」と西原。次打者も打ち取って危機を脱した。

     若杉の直球は130キロ台前半が大半。それでも効果的だったのは二つの理由がある。一つ目は直球と同じ腕の振りで繰り出すスライダーの切れが抜群だったこと。序盤の3三振は全て右打者から内角のスライダーで奪った。四回はそのスライダーを狙われてピンチを招いたが、西原にはスライダーの残像を利用して詰まらせた。もう一つは3回4失点で降板した1回戦・横浜(神奈川)戦の反省を生かしたことだ。「上体が突っ込んでいた」と分析し、軸足に体重を残すことを意識して直球の伸びを取り戻した。

     明豊は横浜の速球派左腕・及川を打ち崩した強打が看板だが、この日は最少失点で接戦を制した。川崎監督が「(チームの)段階が一つ上がった」と喜んだのに対し、7回1失点の若杉は「70点ぐらい。スタミナも細かい制球もまだまだ」と涼しい顔だ。171センチの2年生エースはチームにセンバツ初の8強入りをもたらしただけでは決して満足していない。【石川裕士】

    4番の役割きっちり

    【札幌大谷-明豊】四回裏明豊2死二塁、野辺が右中間適時三塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年3月29日、平川義之撮影

     ○…明豊の野辺が4番の役割を果たした。四回2死二塁でマウンドには札幌大谷の2番手・太田。「対策してきたので打てると思った」と自信を持って打席に入った。2ボールから甘く入った直球をすくい上げ、右中間を深く破る適時三塁打とした。昨秋の公式戦チームトップの15打点も、13得点した1回戦は打点なしに終わった。それだけに「少ないチャンスの中、あそこで打てたのは自分の成長を感じる」と納得の表情を見せた。

    聖地に進歩の足跡 阿部剣友投手 札幌大谷・2年

    【札幌大谷-明豊】札幌大谷の先発・阿部=阪神甲子園球場で2019年3月29日、山田尚弘撮影

     朝、球場入りしてから先発を告げられ、驚いた。ただ、マウンドに上がれば「全然緊張しなかった」。言葉通り、一回、1番・表への4球目に138キロを計測し、自己最速を2キロ更新した。ダイナミックに左腕を振り下ろすフォームから制球良く直球、スライダーを投げ分け、三回まで被安打1。四回、先頭に中前打を浴びたところで降板したが、船尾監督は「三回まで行ってくれたのは思った以上」と喜んだ。

     制球に難があり、昨秋の公式戦は3試合で計3イニングしか投げられなかった。だが、冬場のウエートトレーニングで下半身強化に力を入れ、「踏み出した時の右脚が動かなくなった」。制球が安定し、この日は無四球。進歩の跡を示した。

     足のサイズは29センチ。小学校卒業時に173センチ、中学校卒業時に196センチだった身長は、高校入学後の1年で1センチ伸びた。「自信がついた。できれば来年までに145キロ出せるようになりたい」。甲子園の経験を糧に、体と同じようにスケールの大きい投手を目指す。【平本泰章】


     ○…2回戦…○

     ▽午前9時2分開始(観衆1万3000人)

    札幌大谷(北海道)

      000001000=1

      00011000×=2

    明豊(大分)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

    2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

    3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

    5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです