メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

筑陽学園3-2山梨学院 筑陽学園、光る継投

【筑陽学園-山梨学院】筑陽学園の3番手・西舘=阪神甲子園球場で2019年3月29日、山田尚弘撮影
【筑陽学園-山梨学院】筑陽学園の先発・西=阪神甲子園球場で2019年3月29日、徳野仁子撮影

 <2019 第91回センバツ高校野球>

    第7日(29日・阪神甲子園球場)

     筑陽学園は一回、江原の左翼への適時二塁打で1点を先行した。同点の七回に中村の適時打で勝ち越すと、八回は福岡の左前適時打でリードを広げた。西、菅井、西舘による五回の小刻みな継投もはまった。山梨学院は八回に相沢の中前打を足場に1点差に詰め寄ったものの、九回2死満塁の好機を生かせなかった。

    狙い的中、快進撃

     最大の山場で筑陽学園の江口監督がマウンドを託したのは右腕・西舘だった。

     同点の五回1死一、二塁で、1回戦2本塁打の山梨学院の強打者・野村を迎えた。カウント1-2と追い込むと、最後は最も自信のある膝元へのチェンジアップで空振り三振に仕留めた。「相手は真っすぐが強いので変化球で押していこうと思った」と狙い通りの1球で、この回得点を与えなかった。

     布石は直前の2番・菅野の打席にあった。1死から二塁打を許した先発右腕の西がボールを2球続けた。無理に勝負をして、長打を浴びる恐れもあったため、「四球でもいい」と江口監督は左腕・菅井をマウンドへ。菅井がボールを2球続けて四球にしたところで、抑えとして幾度となくピンチの場面で登板してきた西舘を満を持して送り出した。

     小刻みな継投は相手の目先を変えることと、一呼吸置くことで相手に傾きかけた悪い流れを断ち切る狙いもあった。西舘は「野村を抑えれば相手の勢いを止められると思った」と振り返る。

     昨秋の九州大会から確立した勝ちパターンの継投を成功させて、初のセンバツで8強入りの快進撃。九州王者の勢いは止まらない。【長田舞子】

    初安打、父の助言

     ○…筑陽学園の2年生・中村が8強入りに貢献する甲子園初安打を放った。同点の七回2死二、三塁で直球に鋭く反応して左前適時打。バットを小指1本分余して短く持ったのは、小学6年の時に現日本文理大監督の父寿博さんから「力が抜けて、楽に打てるから」と助言されたことを思い出したからだ。今大会はそこまで7打数無安打と苦しんだが、福岡・西日本短大付の主将として1992年夏の甲子園で優勝した父との記憶に救われた。

    山梨学院、七回痛恨

    【筑陽学園-山梨学院】山梨学院の先発・佐藤=阪神甲子園球場で2019年3月29日、徳野仁子撮影

     ○…救援のマウンドに上がった山梨学院の相沢に、先発・佐藤が声を掛けた。「すまん」。七回2死二、三塁、筑陽学園の中村に左前適時打を許した直後の降板だった。一回に先制点を与えたが、その後は得意のスライダーを低めに集めて無失点投球を続けた。だが、救援の多い佐藤にとって7イニング目は「公式戦で初めて」という長さ。伯仲した展開に力も入り、高めに浮いた直球を痛打された。「勝負どころで決め切る力」の必要性を学んだ。


     ○…2回戦…○

     ▽午後1時53分開始(観衆2万人)

    筑陽学園(福岡)

      100000110=3

      100000010=2

    山梨学院(山梨)

    毎日新聞のアカウント

    4月3日の試合

    話題の記事

    関連サイト