メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明石商・重宮「粘り強く戦う」、大分・足立「勢いで勝ちたい」 ベスト8懸け対戦

明石商の重宮涼主将(左)と大分の足立駿主将

 センバツ初戦で国士舘(東京)に快勝した明石商は、大会第8日の第2試合(30日午前11時半開始予定)で大分との2回戦を迎える。明石商の重宮涼主将(3年)と大分の足立駿主将(同)に、互いの印象や戦い方を聞いた。

 ―相手の印象は。

 重宮主将 投手が丁寧に投げ、直球の切れもある。長打力もある。

 足立主将 力のある相手だ。長打に警戒が必要だ。

 ―どう戦うか。

 重宮主将 初戦は中盤に得点できなかった。中軸を中心に点を取りたい。打撃の調子は上がっている。

 足立主将 初戦はエースに頼ってしまったので、打ち勝ちたい。ストライクは振る意識を徹底する。

 ―初戦を終えたチームの状態は。

 重宮主将 良い表情で練習できている。昨夏の甲子園を経験したメンバーが多いことも生きている。日本一へ粘り強く戦いたい。

 足立主将 甲子園初勝利の反響が大きかったが、練習で気を引き締められた。初戦の勢いで勝利したい。【黒詰拓也、田畠広景】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです