メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東邦・石川が左越えソロ 打線つながり序盤で6点リード

【東邦-広陵】三回表東邦無死、石川が左中間本塁打を放つ(投手・河野)=阪神甲子園球場で2019年3月30日、山田尚弘撮影

第91回選抜高校野球2回戦 東邦-広陵 (30日・甲子園)

 センバツ優勝回数は東邦が4回、広陵が3回という伝統の強豪校対決。先発は東邦が石川、広陵が河野。

 東邦は一回、2死一、二塁から、吉納、長屋の連続適時打で2点を先制した。

 東邦は三回、石川が左越えソロ本塁打。さらに1死二、三塁から長屋の2打席連続の適時打で広陵・河野を降板させた。東邦はその後も攻撃の手を緩めず、この回4点を奪い序盤で6-0とした。

【東邦-広陵】一回表東邦2死一、三塁、長屋が左前適時打を放つ(投手・河野、捕手・鉤流)=阪神甲子園球場で2019年3月30日、山田尚弘撮影
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  3. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 大阪・吹田市で70代夫婦が死亡 無理心中か

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです