メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東邦が16安打12得点の猛攻で広陵を撃破 エース石川が投打に活躍

【東邦-広陵】三回表東邦無死、石川が左中間本塁打を放つ(捕手・鉤流)=阪神甲子園球場で2019年3月30日、山田尚弘撮影

第91回選抜高校野球2回戦 ○東邦12-2広陵● (30日・甲子園)

 東邦(愛知)が投打に広陵(広島)を圧倒し、2005年(77回大会)以来、14年ぶり8強を決めた。東邦は、31日の第3試合で筑陽学園(福岡)と対戦する。

 優勝回数は東邦が4回、広陵が3回という伝統の強豪校対決は、東邦の16安打12得点の猛攻で、予想外の大差となった。

 先発は東邦が石川、広陵が河野。

 東邦は一回、吉納、長屋の連続適時打で2点を先制。三回には石川のソロ本塁打を皮切りに打者8人で4点を加えた。七、八回にも集中打で計6点を奪い、試合を決めた。

【東邦-広陵】一回表東邦2死一塁、打者・熊田の時、石川が二盗を決める(野手・宗山)=阪神甲子園球場で2019年3月30日、山田尚弘撮影

 東邦・先発の石川は自らの本塁打で尻上がりに調子を上げ、六回を無失点、七回以降は継投で広陵打線を抑えた。

 広陵は序盤の得点機に決定打が出ず、流れをつかめなかった。終盤八回にようやく打線がつながり完封を免れた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  4. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです