メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東邦打線エンジン全開 積み重ねた強化の成果

【東邦-広陵】一回表東邦2死一、二塁、吉納が右前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2019年3月30日、玉城達郎撮影
【東邦-広陵】三回表東邦無死、石川が左中間本塁打を放つ(捕手・鉤流)=阪神甲子園球場で2019年3月30日、山田尚弘撮影

第91回選抜高校野球2回戦 ○東邦12-2広陵● (30日・甲子園)

 序盤から東邦打線がエンジン全開だった。一回、広陵のエース右腕・河野のボール球をよく見極め、2四球などで2死一、二塁の好機を作ると、5番・吉納が高めの変化球を右前に引っ張って先制。続く長屋も139キロの直球を振り抜き、左前適時打を放った。

 早々に2点を取って試合の流れを奪うと、三回には3番・石川が高めに浮いた変化球を逃さず、左翼席へソロ本塁打。その後も機動力も絡めて攻撃の手を緩めず、この回途中で河野を降板させた。

 河野は1回戦の八戸学院光星(青森)戦で球速150キロをマークし、3安打で完封した大会注目投手。これに対し、東邦も普段から実戦を意識し、森田監督は「(直球と変化球の)ミックスで打たすことをやってきた」。さらに今大会前には140キロ超の本格派投手を擁するチームを選んで練習試合を組み、速球に目を慣らしてきたという。試合前、森田監督は「河野君の球を見ても驚くことはないと思う」と自信をにじませていた。河野が制球に苦しみ、直球の多くが130キロ台と球威もなかった面はあるが、積み重ねた強化の成果が出た形だ。

 センバツで複数回の優勝経験がある伝統校同士の対決は、序盤から思わぬワンサイドの展開に。平成最初のセンバツ覇者でもある東邦が持ち味の攻撃力を存分に発揮した。【新井隆一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです