メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明石商、エース中森がソロ本塁打 リード広げる

【明石商-大分】四回表明石商1死、中森が中越え本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2019年3月30日、山田尚弘撮影

第91回選抜高校野球2回戦 明石商-大分 (30日・甲子園)

 先発は明石商が宮口、大分が武藤。

 一回、明石商は1死三塁で重宮がスクイズを決めて先制した。その裏大分も1死三塁から小手川の適時打で同点とした。

 二回、明石商は岡田が左越えにソロ本塁打を放って、1点を勝ち越した。さらに2死二、三塁で来田が右翼線に適時三塁打、重宮も適時打を放って、4点を勝ち越し、先発の武藤を降板させた。

 明石商も、先発の宮口をあきらめ2年生エースの中森をマウンドへ送った。

 四回、明石商は中森が中越えにソロ本塁打。さらに2死二塁から重宮が適時打を放ってリードを広げた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです