メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

池田陽、あえて解いた集中力 智弁和歌山の新たな歴史作る

【智弁和歌山-啓新】智弁和歌山の先発・池田陽=阪神甲子園球場で2019年3月30日、平川義之撮影

第91回選抜高校野球2回戦 ○智弁和歌山5-2啓新● (30日・甲子園)

 二回終了後の雨による1時間50分の中断の間、智弁和歌山の先発右腕・池田陽はあえて集中を解いた。「集中力はそうは続かない。みんなで楽しい話をしてから、集中し直した」。それが奏功し、悪天候での2失点完投につながった。

 試合が再開した後の三回、先頭の古川に初安打となる右前打を許したが、次の打者に集中できていた。直球とチェンジアップの組み合わせで阪上を空振り三振に仕留め、同時に捕手・東妻が二盗を刺して併殺が完成。これで池田陽は再びリズムに乗った。緩急をつけた投球と抜群の制球力が光った。

 前回大会の決勝で先発。その年の夏に史上初となる2度目の春夏連覇を達成する大阪桐蔭の強力打線を相手に、七回途中まで3失点で切り抜けた。自信をつけたはずだったが、昨夏の甲子園では初戦敗退。それ以来、ウエートトレーニングと、「投手陣で一番走った」という走り込みで体を鍛えた。

 甲子園で春夏通算68勝の監督最多勝利記録を持つ高嶋仁前監督が昨夏の甲子園大会後に退任し、中谷新監督の下で初めて臨む甲子園で8強入り。「甲子園には借りを返しに来た」というエースの成長で、智弁和歌山が新たな歴史を切り開きつつある。【高橋秀明】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 情熱大陸 「全裸監督」でブレーク 女優・森田望智に完全密着 体当たり演技で注目を浴びたヒロインの素顔に迫る

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  4. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  5. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです