メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猛打と機動力、東邦が大勝

【東邦-広陵】一回表東邦2死一塁、打者・熊田の時、石川が二盗を決める。野手は(左から)中冨、宗山=阪神甲子園球場で2019年3月30日、山田尚弘撮影

第91回選抜高校野球2回戦 ○東邦12-2広陵● (30日・甲子園)

 東邦が16安打、7盗塁と機動力も使った攻撃で12点を奪い、大勝した。一回に吉納、長屋の連続適時打で2点を先制。三回は石川の左中間ソロなど5長短打に3盗塁も絡めて4点を挙げ、終盤も集中打で加点した。先発・石川は制球が良く、6回無失点。広陵は先発・河野ら投手陣が不調で、打線も八回の2点のみだった。

 東邦・森田泰弘監督 序盤は(足で)仕掛けるのはいつも通り。石川が打つとチームのノリがいい。(投手としても)1回戦より良かった。

 広陵・中井哲之監督 失投をことごとく打たれて、足を使われて、うちがやりたい野球を全てやられた。大量得点されて、攻めようがなかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  2. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  3. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  4. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  5. ザギトワ「大学進学しコーチに」 ロシアTV番組で“引退宣言”

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです