メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東邦・長屋が狙い球的中 固め打ち 

【東邦-広陵】一回表東邦2死一、三塁、長屋が左前適時打を放つ(投手・河野、捕手・鉤流)=阪神甲子園球場で2019年3月30日、山田尚弘撮影

第91回選抜高校野球2回戦 ○東邦12-2広陵● (30日・甲子園)

 1回戦の富岡西戦に続き、東邦の6番・長屋が3安打の固め打ち。一回に左前適時打を放ち、チーム2点目を挙げると、三回1死一塁では左前打でチャンスメークも。好投手・河野に対して「緩急をつけてくるから、何を待つか決めて打席に入った」。三回はスライダー狙いが的中して「(この日の打席で)最も自分の打撃ができた」と笑顔を見せた。中軸が当たっている分、走者を置いて打席に入ることが多く、重圧はかかるが、「まだまだ(こんなものではない)」と強気だ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

  2. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  3. 12月日銀短観 大企業・製造業が4四半期連続で悪化 増税・台風下押し

  4. 実質賃金のデータ隠す安倍政権 世界の笑いもの

  5. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです