メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

2回戦 智弁和歌山、雨にも打ち勝つ 監督・主将の話 /和歌山

 <センバツ2019>

    先発がよく投げた 智弁和歌山・中谷仁監督

     先発・池田陽の投球に尽きる。中断があり、マウンドが緩い中、よく投げた。15安打で5点は効率が悪いが、打者はよく対応できたと思う。明石商には昨秋、0-12で大敗しており、再び対戦できるのは良かった。

    全員役割果たせた 智弁和歌山・黒川史陽主将

     練習試合含め、これほどの雨の中での試合は初めてだったが、チームの雰囲気は良く、不安はなかった。全員が役割を果たしチームで得た勝利だ。明石商戦では、昨秋に大敗した悔しさをぶつけたい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

    2. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

    3. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

    4. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

    5. ザギトワ「大学進学しコーチに」 ロシアTV番組で“引退宣言”

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです