メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回選抜高校野球

明石商、亮介の生きた証し 事故死OBの母が声援

明石商OBの飯田亮介さんの遺影を手に試合を見守る母崇子さん(左)。妹真子さん(中央)と祖母の桃谷昭子さんも駆け付けた=阪神甲子園球場で、黒詰拓也撮影

 <2019 第91回センバツ高校野球>

     第8日の30日、大分を降して8強進出を決めた明石商(兵庫)のナインを、4年前に交通事故で他界したOB・飯田亮介さん(当時22歳)の家族が、特別な思いで見守った。「明商(めいしょう)のユニホームを見ると、亮介が生きた証しを感じる」。選手は亡き先輩に、次戦も力を出し切ると誓った。

     飯田さんは2009年、狭間善徳監督(54)の指導を受けたくて明石商に入学した。チームメートに刺激され、遅くまで練習に励んだ。「甲子園に行きたい」。父裕之さん(51)と母崇子さん(52)は、息子の目標や仲間の話を聞くのが楽しみだった。3年になって迎えた11年春。兵庫県大会でチームは初めて優勝し、飯田さんは主軸打者として活躍。だが、最後の夏は甲子園に届かず後輩に夢を託した。

     卒業から3年後の夏、大学生だった飯田さんは兵庫県明石市でオートバイを運転中に衝突事故に遭い、亡くなった。喪失感から、家族の会話に息子が出てくることはなくなった。

     突然の不幸から3年がたった昨秋。父は少しずつ息子の死を受け入れることができるようになり、近畿大会で明石商の観戦に訪れた。引っ込み思案だった息子は高校の3年間を経てものおじしなくなり、礼儀正しく、周囲から慕われる存在に成長した。自信を持ってプレーする選手の姿が、息子と重なった。

     崇子さんはこの日、遺影を手にアルプス席から試合を見つめた。「後輩を見て、亮介も喜んでいる」。試合後、重宮涼主将(3年)は初の4強入りを見据えて言い切った。「飯田先輩が明石商のことを誇りに思ってもらえるよう、全力でプレーする」【黒詰拓也】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

    2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

    3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

    4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

    5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです