メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

習志野が同点に追いつく 飯塚が中前にタイムリー

【習志野-市和歌山】六回表習志野2死一、二塁、飯塚の中前打で和田が生還(捕手・米田)=阪神甲子園球場で2019年3月31日、幾島健太郎撮影
【習志野-市和歌山】一回裏市和歌山1死一塁、打者・山田の時、米田が飛び出し一、二塁間で挟殺(野手・角田)=阪神甲子園球場で2019年3月31日、徳野仁子撮影

第91回選抜高校野球準々決勝 習志野-市和歌山(31日・甲子園)

 市和歌山・柏山、習志野・岩沢が先発。

 習志野は一回、先頭打者の竹縄が二塁打で出塁。犠打で1死三塁とすると角田が中前に適時打を放ち先制した。しかし、市和歌山はその裏、2番・下井田から4本の長短打を連続させ一気に3点を奪い逆転した。

 習志野は五回、2死三塁から角田が投手への強襲安打を放ち1点を返した。六回には2死一、二塁から飯塚が中前に適時打を放ち同点。試合を振り出しに戻した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 羽生SP97.43で2位 首位チェンは自己ベスト110.38 GPファイナル

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 羽生、大技で巻き返しか 3大会ぶり奪還狙う ファイナル2位発進

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです