メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

習志野が初の4強 市和歌山との接戦制す

【習志野-市和歌山】一回表習志野1死三塁、角田(右)に適時打を許し、打球の行方を追う市和歌山の先発・柏山=阪神甲子園球場で2019年3月31日、久保玲撮影
【習志野-市和歌山】六回表習志野2死一、二塁、飯塚の中前打で和田が生還=阪神甲子園球場で2019年3月31日、徳野仁子撮影

第91回選抜高校野球準々決勝 ○習志野4-3市和歌山●(31日・甲子園)

 習志野(千葉)が市和歌山(和歌山)との接戦を制し、センバツ初の4強入りを一番乗りで決めた。習志野は第10日の4月2日、第1試合に登場する。

 習志野は2点を追う六回、2死一、二塁から飯塚の中前適時打で同点。七回には1死一、三塁から高橋雅の遊ゴロの間に1点を挙げて勝ち越した。投げては二回から登板のエース飯塚が、打球が足を直撃するアクシデントもあったが、無失点に抑える好投。

 市和歌山は一回裏に2番・下井田から4連打で3点を奪い一時リードを奪ったものの、その後は打線がつながらなかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです