メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

習志野・飯塚、リズムよく 好救援に同点打 次戦見据え「今日みたいな試合を」

【習志野-市和歌山】習志野の2番手・飯塚=阪神甲子園球場で2019年3月31日、山田尚弘撮影
【習志野-市和歌山】六回表習志野2死一、二塁、飯塚の中前打で和田が生還(捕手・米田)=阪神甲子園球場で2019年3月31日、幾島健太郎撮影

 投打に圧巻の活躍だった。習志野のエース右腕・飯塚が投げては8回無失点、打っては同点打を含む2安打1打点。チーム初の4強入りの立役者になった。

 先発の右下手・岩沢が一回に4連打を許して3失点すると、飯塚が二回に登板。三回には先頭打者を味方の失策で出したが、3番・緒方を141キロの直球で空振り三振。二盗に捕手の二塁悪送球が重なり1死三塁となったが、続く柏山を高めの144キロの直球で空振り三振。次の米田も145キロで詰まらせ、右邪飛に打ち取った。

 リズムをつかむと、打撃も好調。1点を追う六回2死一、二塁で左打席に入ると、外角の変化球を中前へはじき返し、同点適時打とした。これで試合の流れを呼び込み、七回の勝ち越しにつなげた。

 小林監督は「気持ちのこもったボールを投げてくれた」と褒めたたえた。昨秋の公式戦7試合に全て救援で登板し、今大会も全3試合に救援した飯塚。準決勝以降に向けて「最後に1点を上回る。きょうみたいな試合をしたい」と意気込む。「救援エース」がチームの快進撃を支えている。【長宗拓弥】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 秋元衆院議員、元秘書周辺を捜索 任意で事情聴く 東京地検

  5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです